忍者ブログ
Pa
写真関係の日記 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アシスタントと電話してて前々から話してた写真集の話になったよ。
1年後ぐらいに完成させる予定で、順番に準備していこうかと。

とりあえず予定・・・
4~7月 構想&小道具大道具準備
8月 撮影
9~11月 調整&推敲
12月 撮影&あれこれ決める
1月 入稿
みたいな。

写真集タイトル&テーマは「Transit」。
つっても中味はまだ全然決まってないんだが。
「最後にオフショットだかだか載せたい」「モデルさんに撮影終わってからちっちゃいカードに何か書いてもらってそれそのまま載せる」

・・・写真関係ねぇ!!!

ってなわけで、プロジェクト「Transit」始動!

頭の中が薄桜鬼ロケとこれでいっぱい。


ついでに「ロゴ作る」っていったら「旅券のスタンプみたいに」というリクエストをアシスタントからいただいたので簡単に作ってみた。
これからどんどん作り込もう。

PR
さてロケも目前に差し迫りつつあるのでロケ構想をば。

まずテーマは以前にも書いたとおり「静と動」。
静=通常で動=羅刹なんです。
でもって、静の象徴として青い番傘、動の象徴として赤い番傘。
その二つを分かつ渓谷の流れ=境界という感じ。

静(通常)について。
まずかなり、引きのショットが多くなるかと。
調和ってのを大事にしたいですね。自然との調和。
自然に負けないよう、でも自然に違和感がないよう調和させる。
「ただそこにいる」という感じ。
動(羅刹)について。
マクロ使いまくって全面に人を出したショットで。
起死迫りくる感じで表情とか臨場感とか刹那をたった一瞬切り離すように。

静と動は通常と羅刹でもあるけれど、人と人ならざるものの境界でもあり、通常→羅刹の時のもがき苦しむ様子とか、のたうち回る様子、慟哭なども。
張りつめた、その一瞬をこすあるいはその糸が切れてしまう、「刹那さ」を大切にしよう。

あんまり詳しく書くと写真を見たときに面白さが無くなるのでこの程度で。

コキに「ロケのために死ぬ覚悟はありますか?」ってメールしたら力強く「Yes!」ってかえってきたんぜ!その答えを待っていた!
・・・のでロケでは鬼畜になります。お風呂の準備しとこう。
とりあえず熊よけの鈴は準備したぜ。
修正 
アップしたページのミスを訂正しました。
?「龍ノ啼く箱庭拠リ」→「龍ノ啼ク箱庭拠リ」
?データ一覧「緋憐」(→「緋憐様」→「乳」)→「緋憐様」
ごめんね、緋憐ちゃん。

さてさて、ふわっとしてるロケのことを書きつつ。
山中ロケ。
雨上がりか雪解けの水がしたたってる感じのシチュエーションがいいのでロケ日未定です。
ロケハンして「明日決行!」って多分連絡するから、各々お天道様のご機嫌を伺いつつフィーリングで予定開けておいてください。
あと泥だらけになる覚悟。あと寒さに耐える覚悟。雪解け水、多分つららはってるから。
モデルさんは私の昔の知り合いと、アシスタントの昔の知り合いの方。
お互い懐かしき知り合いです。

今回は「空間の中」をテーマに。
私がよくやる人を全面に押し出した撮影ではなく、空間の延べ広がりのなかで人が溶け込むかのように、あるいは逸脱しているかのように「ただ居る」という撮影をしたいと思います。
空間撮影を得意とする鉄(今回はアシスタントではなく撮影者)がどんな写真を撮ってくれるのか、とても楽しみです。
望遠レンズが火を噴くのか!あるいは足を滑らせてケツを強打しつつもカメラを守るのか!
あとは色も大切にしたいよね。

さて、6日のリンレンハッキングの小道具準備を致しますか。
私のサイトのタグを印刷するだけだけど。
龍ノ併せ終わって腰を落ち着ける暇もなく2月です。

6日…刈谷、リンレン通常。
平日どっか…山中ロケ。
27日…公会堂。

珍しく精力的です。



今週のリンレンはモデルの方に御無理を言って通常衣装にしていただきました。
だって撮りたいプランがあったんだもの!
本当にありがとうございます。

ってことで撮影テーマは「ハッキング」。
コンピュータをリンレンがハックしていくと言うものです。
まだまだ練り足りないですが、刈谷の照明コードなんかを背景に利用して持参した配線を使いまくってとろうかと。

今回双子はハッキングをする人物ではなく、コンピュータウイルスそのものみたいな感じでいこうかと思います。
会場がコンピュータの中ってな感じで。
で、レンがコンピュータに侵入しようとパソを使ってアクセスしてる時にリンが周りをうろちょろと配線準備したり、看板持って待機したり。
写メはその看板として使おうと思って作ったプラ板です。
夜中にロゴをちまちまパソで作ってました。アシスタントはこの苦労をずっと隣で見守っていた。
デザイン画の時点で可愛いなおい、みたいな感じだったが完成すると可愛いいなやっぱ。

また他にも練ってモデルの方にはご連絡し、準備していこうと思います。


とりあえず新種コンピュータウイルス、「02.exe」にはご注意を。



龍ノ啼ク箱庭拠リ、撮影に関する個人反省会。

今回は世界観をとにかく全面に押し出して。
そこで設定した世界をどどーんと書きます。乱文。
撮影用ノートのメモ書きをそのまま写します。
実はこんなんだったんだぜーっていうネタばれ。
かなりイメージだけの個人設定。過激な妄想である。



ベートーヴェンピアノソナタ「悲愴」・・・暴力性。
「謎解きのゲーム」・・・表と裏。きらびやかさ、華やかさ。暴力性。
コイントスのように表が出るか裏が出るか騙し合い。
ミク・・・謎解きの世界に放り込まれた主人公。ゲームに翻弄されていく。
KAITO・・・ミクを助け出そうと謎解きの世界に飛び込む。一見仮面側だが、その仮面すら偽り。ミク側の人間。
がくぽ・・・ミクを手に入れようと糸を張り巡らす。策略家でねちっこい。女はべらし。「愛」に囚われている。MEIKOとルカがベッドでやってるのをソファでワイン飲みながら眺める的な。
リン&レン・・・双子という性質上表か裏かもわからない。
MEIKO・・・百合のお姉さん的な。
ルカ・・・百合の妹的な。ミクはいいおもちゃ。
GUMI・・・がくぽ命。がくぽは私のもの。
手=仮面
狂気(愛の狂気)
抑圧と解放
それぞれが持つ暴力性をとじこめ、自分さえもだます。
結局は各々に刻んだ罪と罰を隠しながら生きている。
全員多分酷い死に方するよね。


以下こんな構図案があった。☆は今回やってない構図。

☆Moment。扉の向こうに全員。
がくぽハレギリアップ。
逃げるミク。追う手。
はべらし。
☆手で顔隠し
☆ピエタ像
☆GUMIからミクへ手袋なげつけ
手の甲にキス
☆唇を手袋越しになぞる
☆足の甲にキス
双子がミクをひっぱる
☆視線の先にKAITO、ミク。切なげがくぽ。
KAITOvsがくぽ。「あの子は人間だ!あの子を解き放て!」的な
☆KAITOvsがくぽ2。余裕なくなるがくぽ
首締め


結構やってない構図がある。
でも今回撮れば撮るほど次この構図とりたい!ってのが浮かんできてあれよあれよと撮影終了。
初めてだったこんなこと。
だからあんまり次はこのレンズで遊ぼうとかが無く、
この構図を撮るにはこのレンズが必要!という必要感にかられてのレンズ交換だった。

今回モデルの皆様の表情や雰囲気作りが素晴らしかった。
そう、それ、それなんです!という表情やポージング、各々醸し出す空気。
ここまで「世界観」を求めた撮影ができたのもZooの皆様のお力があったからこそです。本当。
物語性を追求した写真を多く撮る私は、あまり好まれないかも知れない。
けれど同じイメージを持って撮影に臨んでいただける方に恵まれた。
ここまでやりたいことやった撮影は宝です。(特に金縁から手とか)



そしてアフター。アシスタントとの二人飲み。
レフ板の話しになって、いつも憎まれ口ばかり叩いているもんだからこんなこと話す機会もそうそう無いと思って

「鉄はさ、ただ光当てて明るくすればいいんじゃなくて、光と影のバランスを考えて、光の良さと影の良さを同時に共存させるじゃん。だから私の特徴である光と影が生まれるんだよ」

っつったらアシスタントが

「意識してやってたことをわかっててくれてすげぇ嬉しい」

なんて真面目に返すもんだからなんか照れくさくなって

「べ、別にアンタのこと誉めてなんかないんだから!」

っつったら

「殴りてぇ」

って言われた。
台無しである。

アシスタントとの反省も今回はあそこがよかったトークだった。
パトロンこーい。


ってなかんじで終了します。
| top | 次のページ |
| 1 | 2 | 3 |
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/25 gayenKinmjm]
[05/13 backlink service]
[06/29 さっちゃん]
[06/13 鉄]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
趣味:
多趣味
自己紹介:
人物中心に写真撮影を行っております。
ぶっ飛んだ撮影が好きです。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by MIZUTAMA  /  Design by Lenny